KAI MONO BLOG
私が買ったモノをレビューします
ガジェット

【購入レビュー】final E500 カナル型イヤホン【VR作品にオススメ】

VR推奨 final E500 イヤホンレビュー

安価なVR作品用イヤホンが欲しかった

VR、ASMR、バイノーラル録音された作品を楽しむためのイヤホンが欲しくて今回レビューする「final E500」を購入しました。

ゲームやVR、ASMR、バイノーラル録音に推奨されるイヤホンは高価なものが多かったのですが、2千円前後で購入できる「final E500」は価格的にも魅力的です。

上記のような用途にイヤホンを探している人、購入を迷っている人、評価を知りたい人のお役に立てるようレビューになればと思います。

結論としてはデザインもよくフィット感が素晴らしいイヤホンでした。さらにVRへの没入感が高まるのでオススメです。

VRやASMR専用のイヤホンがあるらしい

final E500 ゲーム用イヤホン レビュー

子供が産まれてから家のテレビでゲームをする時間が無くなったため、任天堂スイッチなどの携帯ゲーム機でゲームを楽しむことが増えました。

その際、普段使っているオーディオテクニカやソニーのヘッドフォンを使うとどうしても、音に違和感を感じます。

的確に文章にできないのですが、特定の音域が強調されたり、音の反響を感じる、音に癖を感じる…とても言いましょうか。

調べてみるとイヤホンというのは一般的にメーカーや機種ごとに「音に味付け」をしているようです。

なので、VR、ASMR、バイノーラル録音した作品に普通の「音楽用イヤホン」を使ってしまうとゲーム作成者の意図と違う音質になってしまうようです。

カナル型イヤホン「final E500」の特徴

final E500の外観・デザイン

シンプルな小箱に入って登場。目薬とギター弦の箱の中間くらいのサイズ。無駄な包装じゃなく、コストや環境を意識した包装に好感触です。

final E500 レビュー

付属品は以下の通り、イヤホン本体、イヤーピース5サイズ、説明書と保証書が同封されています。

final E500 レビュー

イヤホン本体部分には丁寧にビニールで包まれています。メイドインジャパンの丁寧な仕事に好感が持てます。

final E500 レビュー

finalってこんな会社

私はfinalという会社をこの「E500」で初めて知りました。家電量販店でもあまり見ませんよね?

finalは1974年創業という、なんと創業40年となる老舗オーディオブランドです。しかも、みんな大好き「メイドインジャパン」という珍しい会社です。

さらに工場を日本に持ち、開発と製造チームを一つの場所に集め、コミュニケーションを密にすることで高品質なイヤホン製品を作ることを強みとしています。

イヤーピースフィッティング機構でフィット感が良い

final E500 レビュー

買うまで気が付かなかったのですが、装着したイヤーピースが左右に動くんです。

写真じゃわかりづらいかもしれませんが、イヤーピースを外した部分にある窪みがわかりますでしょうか。

大きく動くわけではないのですが、このイヤーピースの「若干の遊び」が多くの人の耳の穴にフィットする理由なんですね。

挿入されたイヤーピースが、耳の穴に対して適切な方向になるので音がしっかり鼓膜に当たる感覚が新しいです。

音量も無駄に上げる必要がないので、耳にも優しい。

さらにオリジナルイヤーピース5サイズ付属

final E500 レビュー

大抵のカナル型イヤホンを買うと「S/M/L」と3種類のイヤーピースが付属しますが、こちらの「final E500」は「SS/S/M/L/LL」の5種類が付属します。

なんとなく購入した時に装着済みの「M」を使いがちじゃないですか?私はそうです(笑)

耳の穴のサイズに合うイヤーピースを装着するだけで音も良くなるし、イヤホン疲れも軽減しますので、ぜひ数サイズ試して適切なサイズを装着してくださいね。

原音に忠実で作成者の意図を反映

良い意味で「音に味付け」がないイヤホンです。VR、ASMR、バイノーラル録音された作品に使うと、作品の意図が伝わりやすく、より作品の世界観に没入できます。

具体的に言うと「音声の方向」がよくわかり、「音の分離」が鮮明です。なので、音楽用イヤホンよりもその場にいる感覚を強く感じます。

また、味付けがないフラットなイヤホンは語学学習にも最適です。

私は会社でTOEICの試験の受験が義務付けられており、リスニング勉強には必ず「final E500」を使用するようになりました。

音楽用イヤホンとは、明らかに違います。

「final E500」購入前の注意点

最近よくついているマイクが付属していません。マイク付きのイヤホンはfinalからも発売されているので、そちらをオススメします。

私はゲーム用(任天堂スイッチ)に使っているので基本的にマイクなしで問題ない状況です。

カナル型イヤホン「final E500」を買って良かったこと

VR推奨 final E500 イヤホンレビュー

VR作品を鑑賞すると、音楽用イヤホンとの違いがよくわかります。

特に、音の発せられている方向がわかりやすくなるので、複数の人が同時に登場するようなVR作品では効果を発揮します。

誰がどの方向で声を発しているのか、その場の空気感を強く感じることができました。

音楽用イヤホンよりも興奮すること間違いなしです。たった2千円前後の投資ですので、ぜひ試してみてください。

「final E500」でもっとVR作品が楽しくなる

VR推奨 final E500 イヤホンレビュー

比較的安価なゲーム/VR/ASMR/バイノーラル録音用イヤホン「final E500」は、作品の作成者の意図が伝わるコスパの高いイヤホンでした。

イヤホンを使って上記のような作品を楽しむ方には是非購入していただきたいイヤホンです。作品がより素晴らしく感じられますよ。

また、イヤーピースフィッティング機構と5サイズものイヤーピースが付属していることにより長時間のゲームや作品の視聴も快適です。

せっかく大迫力の画面がウリのVRなのですから、VRに最適なイヤホンを選びもっとVRを楽しみましょう。

ABOUT ME
anshinpapa
anshinpapa
2歳児のパパです、電機メーカーで働くサラリーマンやってます。 裏の顔は労働組合で書記長を務めており、日々社員の相談にも乗っています。 買って良かったものやサービス、労働組合の経験からお役に立てるような記事を書けるようブログを更新しています。 少しでもあなたの心の負担が軽くなりますように!