KAI MONO BLOG
私が買ったモノをレビューします
繊細さん(HSP)

【繊細さん/HSP】会社上司の攻撃パターンを分析し防衛しよう【振り返る重要性】

繊細さん(HSP)であるあなたは…

繊細さん
繊細さん

ほぼ毎日、会社上司の攻撃にさらされている。
消耗しており会社にも行きたくない。
なんとか攻撃を減らせないものか…

と職場や仕事で悩んでいませんか?

本記事では、以下の内容を提案します。

1.頻繁に起きる会社上司の攻撃を分析しよう
2.会社上司の「攻撃への入口」を分析し対策する
3.会社上司が「攻撃中にあなたの揚げ足を取る方法」を分析し対策する
4.まとめ:繊細さん(HSP)として生きるのが楽になる対処法(マイルール)

この記事によって繊細さん(HSP)が会社や職場で働きやすくなることを願ってやみません。

この記事を書いている私は、
繊細さん(HSP)として10年間にわたり電機メーカーでエンジニアとして働いています。

プラス、社内の労働組合を専従で4年間経験しており、日々社内トラブルの対応をしてきました。

僕も繊細さん(HSP)なので、この記事を読んでいるあなたと職場や仕事で同じ経験を何度もしています。

過去の私は2日で3回くらい上司から仕事内容に対して攻撃されていました。

仕事の進め方やクオリティは周りの人と同等以上だったのですが、なぜか僕だけ超細かい部分を質問され罵倒されていました。

そんなある日、攻撃を受けているとき「あれ、これって以前と同じ攻撃のされ方だ」と気が付き、会社上司の攻撃方法の分析をはじめました。

すると会社上司の攻撃パターンが見える化され、対処方法を考えることができる状態となりました。

さらに、仮説を立てて上司の攻撃に対処することにより、攻撃回数と攻撃時間を減らすことができました。

今回は、会社上司の攻撃を見える化して、攻撃に対処できるようにする重要性を提案します。

やられるだけの日々を少しずつ変えましょう。

今日はそのヒントや私の対処方法を提案します。

会社上司のあなたに対する攻撃を分析しよう

頑張っているのになぜ私だけ会社上司から攻撃されるのだろうか。

ただ、平和に仕事ができればそれだけでいいのに、それさえ許されないのか…

たとえ転職しても、また上司に攻撃されるのではないか…地獄だ。

と毎日胃が痛くて苦しんでいた時期がありました。

会社上司に攻撃されているだけではもったいない

そこで今回の提案は、会社上司の攻撃を分析してみましょう、ということです。

なぜなら、会社上司があなたを「攻撃する糸口」や「攻撃し続ける方法」にはいくつかのパターンがあるからです。

攻撃パターンが限られるということは、攻撃に対処または備えることができる可能性が高いです。

会社上司の攻撃を分析するポイントとは

具体的には、

・攻撃開始のきっかけ
・攻撃が開始されてから「攻撃され続ける」きっかけ

の2点をデータとして取り、分析してみましょう。

攻撃開始のきっかけ…とは、あなたが会社上司に捕まる一歩手前の状況です。

あなたの「何」に会社上司が反応し、攻撃を開始するきっかけとなったのか、この「何」がポイントです。

言い換えると、火事の原因となった「火元」は何なのか?

次に、攻撃が開始されてから「攻撃され続ける」きっかけ…とは、会社上司に捕まってから解放されるまでの、

あなたの「何」に会社上司が反応し、さらに攻撃し続けているのか、この「何」がポイントです。

言い換えると、火に注いだ「油」は何なのか?

理不尽な攻撃の場合

しかし、会社上司が理不尽なことを言うパターンもあるでしょう。

そのときは、理不尽なことを言われたときのパターンとしてデータ登録しておきます。

理不尽なことを言われても、その餌に飛びつかないように準備しておくのです。

分析は繰り返し継続することで効果UP

・攻撃開始のきっかけ
・攻撃が開始されてから「攻撃され続ける」きっかけ

火元と油を分析することによって、火災を最小限に食い止められます。

会社上司からの攻撃をゼロにすることは難しいかもしれませんが、かなり減らすことはできます。

もしくは、途中で落ち着きを取り戻し、消化できる可能性も高くなります。

継続してデータを取り、分析し、仮説と対処を繰り返すことが大切です。

あなたが主体的に会社上司というモルモットを実験するイメージで取り組みましょう。

会社上司の攻撃の入り口(火元)を分析し対策する

普通に会社で仕事をしているだけなんだけど、なんで攻撃されるのかわからない…

会社上司は私のどこに反応して攻撃を開始しているのだろう…

こんなことを落ち着いて考えたことはありますか?

たぶん、多くの「やられる側の人間」は消耗しているので、こんなことを考える余裕はないと思います。

私もその一人でした。

攻撃されるきっかけを分析し特定する

しかし、まず会社上司のあなたに対する「攻撃への入口」言い換えると「火元」を特定することが一番大切です。

会社上司をあなたへの「攻撃への入り口」に入らせない、「火元」の存在を消しさえすれば、攻撃が開始されることがないからです。

例:私の場合の分析と対処方法

例えば、私の会社上司の「攻撃への入り口」いわゆる「火元」は次のとおりです。

攻撃への入口(火元)
・普段の仕事で聞き慣れない言葉
・あいまいな説明

対処方法
・上司の知らない言葉は可能な限り使わない
・使うのであれば徹底的に調べて完璧に説明できる状態にする
・なぜ白か、なぜ黒なのか説明できるようにする

ここまで書くと、社会人としてあたりまえの仕事の仕方では?と思うかもしれませんが、

お客様に聞きづらい内容やかなり踏み込んだ、仕事を進めるうえでまったく関係ない部分まで会社上司は問います。

突然理不尽に攻撃されるパターン

ここであなたの仕事が「火元」になるのではなく、

「会社上司発信でわけの分からない理不尽なことを言い出した」とき、対処できないのでは?

と不安になります。

もちろん会社上司が「あなたに放火してきたパターン」の対処法もしっかりと準備しましょう。

この「会社上司が放火してきたパターン」での基本対処方針は、

クールに冷たく必要最小限のやり取りをすることです。

具体的に使う言葉は
・「はい」
・「○○は××ということでしょうか」
・「確認しメールします」

などなど、事前に火に油を注がない言葉をピックアップして準備しましょう。

可能であれば、すぐにその場を立ち去りましょう。

あなたが上司をコントロールする気持ちで対処する

以上が、会社上司のあなたに対する「攻撃への入口」言い換えると「火元」を特定する重要性と私の具体例でした。

あなたの置かれた状況で分析すると、私の例とは全く違う「火元」や「放火のされ方」だと思います。

辛い毎日だと思いますが、前向きに分析/対処し、あなたが上司をコントロールしましょう。

こう考えるだけでも、気持ちが軽くなります。

会社上司が揚げ足を取る方法(火に油)を分析し対策する

会社上司の攻撃が始まると、緊張し呼吸が乱れ、頭の回転が止まってしまう…

頑張って何かを回答しても、結局ボコボコに反撃され、心身ともに消耗する。

これが数年前の私でした。

揚げ足を取られ攻撃を継続されることを防ぐ

そこで、会社上司がどのような方法であなたの揚げ足を取り、

テンポよく攻撃し続けているのか客観的に分析してみましょう。

なぜなら、会社上司があなたの揚げ足を取り、さらに攻撃を仕掛ける手法が見えてくると、

会社上司に「揚げ足をとられる発言」をあなたが発言しないように気を付ける、という対処ができるからです。

攻撃されたら何が攻撃されたのか振り返ろう

具体的には、会社上司の攻撃が終わってから覚えているうちに攻撃のされ方を振り返ります。

会社上司はあなたの発言の「何」を拾って、さらなる攻撃を仕掛けていましたか?

さっきのはこれだ…今日はこれだ…という風に

あなたが無意識で会社上司と言う炎に注いでいる油の正体を明らかにしていくのです。

それらを分析することで、攻撃パターンに対する対処方法を考え出すことができます。

・こういう言い方をすると火に油だ
・だったら、次はこういう言い方にしよう
・その場で回答はやめてメールで回答しよう
・あとで確認します、で一回撤退かな

などなど、様々な対処方法が見えてくると思います。

理不尽な攻撃には冷たくクールに対処

ここであなたの発言が火に油を注いでいるのではなく、

「会社上司発信でわけの分からない理不尽なことを言い出した」とき、対処できないのでは?

と不安になります。

これも前の章と同じ対応になります。

この「会社上司が放火してきたパターン」での基本対処方針は、

クールに冷たく必要最小限のやり取りをすることです。

会社上司は理不尽なことを言って、あなたを混乱させ、

あなたにしどろもどろな発言をさせる作戦だと考えてください。

あなたのしどろもどろな発言は、さらなる上司の攻撃を招きます。

無理に発言しない、という対処法もあるので、選択しに入れておきましょう。

繰り返しになりますが、

クールに冷たく必要最小限のやり取りをすることが基本対処方針です。

落ち着いて火に油を注がないことが基本

以上が「攻撃中にあなたの揚げ足を取る方法」を分析し対策することの重要性と具体例です。

上司があなたの「何」に反応しているのか、何が「火に油」となっているのか分析し、

その「油」を注がないことを対処方法としましょう。

厳しい状況におかれていると思いますが、少しずつ落ち着いて対処できるようになります。

まとめ:会社や職場で繊細さん(HSP)として生きるのが楽になるマイルール

繊細さん(HSP)が、会社上司の攻撃パターンを分析し防衛する重要性と

攻撃のされ方を振り返り、対処する方法提案しました。

すべての繊細さん(HSP)に最善の対処方法ではないかもしれませんが、

少しでも会社や職場のストレスが減ることを願っています。

会社上司は理不尽な方法で次々と私たちを攻撃してきます。

語弊があるかも知れませんが、攻撃一つ一つがデータとなり、

覚えているうちにメモし蓄積することで分析ができるようになります。

分析した結果から、仮説を立て、次の攻撃に備え実践し、対処方法として確立されるのです。

明日から、データを取りましょう。

攻撃されながらも、落ち着いて攻撃のリズムに乗せられず、あなたが主導権を握るのです。

おすすめ記事:節約して労働時間を減らす方法
【おすすめ格安SIM】LINEモバイルの節約効果と契約手順【もう搾取されない】格安SIMに興味があるあなたは… と考えていませんか? 今回は、以下の内容をお話します。 1.格安SIMカード...
ABOUT ME
anshinpapa
2歳児のパパです、電機メーカーで働くサラリーマンやってます。 裏の顔は労働組合で書記長を務めており、日々社員の相談にも乗っています。 買って良かったものやサービス、労働組合の経験からお役に立てるような記事を書けるようブログを更新しています。 少しでもあなたの心の負担が軽くなりますように!